洗顔石鹸、30位まで上がれ

 洗顔石鹸、30位まで上がれば上出来かもしれない。とは言え、まだはじまったばかりである。打つ手はいくらでもあるから必ず10位以内に表示されるよう、知恵を絞って本人に伝えよう。……誤解しないでね、まったく知らない人のサイトではありません。コレまでに誕生日研究会などでの交流がある人です。

 最近、アドセンス関係の記事が多かったので、たまにはアフィリエイト関係の記事など、と思い立ちブログを書いています。本業を持つ個人がネットを通じて稼ごうと思えば、アドセンス報酬か、アフィリエイト報酬、ていどしかない訳ですね。アドセンスの場合はヤフーの検索エンジンから来訪される方が多いと、クリックされやすいと記述しています。

 ですが、実際に商品を購入する人が多いのはグーグルの検索エンジンから来訪される方です。この流れってもちろん根拠が有ります。私が初めて作成したサイトは、拓夢書房ですが、このサイトにはアマゾンのアフィリエイト広告が載せてあります。そして実際に来訪される方は「小説の書き方」と検索して来られる方が多い。

 ですので、小説の書き方という書物を紹介しています。これまで、この「小説の書き方」という書物は月間の売り上げ本数はおおよそ15本程度でした。ところが最近、グーグルでも検索結果に表示されるようになって、グーグルからの来訪者が増えました。その結果、実際に購入される方はおおよそ2倍になりました。

話はヤフーに移ります

 話はヤフーに移りますが、メインのキーワードで現在2位表示(私だけかも知れませんが)にでして、やはりヤフーを利用する人は多く、アクセスも順調に伸びております。その反面、グーグルの場合はひとつのキーワードでは集客できますが、それ以外でのアクセスが殆んどありません。

 今後百度がどのように人気を集めるかは、未知数ですが、全世界規模で見るとグーグル、ヤフーについで3番目に位置するとされる意見が殆んどのようです。という事は今後、サイトを運営する立場の人間で見れば、百度対策も考えておくべきだろうと推測しています。

 検索エンジンからのアクセス命の私としては、私のサイトが表示されるのか? が一番の関心でして、早速リサーチ。メインサイトが見事に2位表示、サブキーワードは一位表示でした。一応一安心。

 そのサイトでの収入減はアドセンスをメインにしようかとも思っています。アフィリエイト方式で稼ごうと思えば、どうしても特定のサイトを広告する記事が必要になります。ですが、アドセンスの場合、クリックされた時点でほぼ収入確定となります。ですので余分な文章作成が不要になる。

 稼げるサイトの充実+新しいサイトを立ち上げる。要するに今あるサイトを見直し、さらに稼げるサイトへと変身させます。そしてトラック運転手を辞めても、永続して収入が保証されるようなサイトを、もうひとつ立ち上げようと考えています。具体的な内容は決めていませんが、今あるサイトとはちょっと違い、子育て関係のサイトが良いかなー なんて思っています。

私流の検索順位の上げ方

 私流の検索順位の上げ方です。このやり方をベースに工夫すれば建築パース‐コンペと同様にライバルサイトに勝てると思いますので、覚えておくと宜しいかと思います。ちなみに誰にも言っていないので、不動産売却‐高くの件は内緒にしてください。

 確かに浮気調査&大阪の技術を見ていると、さらに高い前進イン情報技術時代に探偵ビジネスの基礎は徒歩を傍観された安定した仕事中である。しかしながらそれは我々のネットワークの最も大きな特長であるポイントではなくラインとして有用なisの各情報勢力。素晴らしい考察を思ったサービスとして重要グループのモットーにされる、また私は最初の提案へクライアントから信頼を作っている。

 電話占いは人気の高い霊感霊視です。人気の電話占いはよく当たると評判ですから皆様からのお悩み相談を承っています。もちろん通話料無料、電話占い優は携帯でも通話料無料の霊感霊視によるお悩み相談です。あなたの恋愛相談、不倫、夫婦、復活愛解決、人間関係等の誰にも話せなかった悩みをご相談ください。

 キーワードの分解、「焼き芋屋さん 比較」と言う文字列をキーワードにする場合、検索エンジンがどの様にこの語句を捉えているのか? 調査する必要があります。実際に検索し、任意のサイトの「キャッシュ」を見ます。すると「焼き芋屋さん」と「仲介手数料の比較」と言う単語で構成されているのが分ります。

 そして彼女は風を呼んだ。「赤ちゃんを冷やして!! お願いだから赤ちゃんを冷やして」すると風はピューとアフリカまで飛んできて優しい風を赤ちゃんの額に前へ、後へと吹きかけ、冷たいそよ風は赤ちゃんの気分をよくして元気になった。。アメリカのカンザスと呼ばれている町には多くの農場があり、そこにあるすべての風車は回転を止めていて、農民たちは叫んだ。

「風車が回らないとトウモロコシを挽く事ができないよ、それに水だって引けないし。俺たちには風が必要なんだ」それを聞いた風は急いでやってきて風を吹き始める、すると間もなく全ての風車が楽しそうに回りだした。そしてそのまま風は彼自身の道へと戻っていった。決して大阪-風俗|あたりなどに行ったりはしなかったのである。

―――― Copyright-Big Japan web dwyt. From Nao Sukehira-All Rights Reserved――――
ネット上で公開している文章にはすべて著作権があります
PR:http://www.ivm-bplan.com/